忍者ブログ

ソフトボールパラダイス☆

ソフトボールの守備・攻撃の戦術を紹介します♪

見て学ぶ、は本当に正しかったのか?



新年おめでとうございます。ニコでございます♪今年もバリバリソフトボールに励みましょう☆

さて、今回は「見て学ぶ」ことについて、つらつら話したいと思います。たいして深い内容があ るわけではないので、軽い新年コラムということでどうぞ許してやってください(笑)

私の子供の頃は、地域の少年少女が大量に居たため、チームが巨大になり、どうしても「見て学 ぶ」ことが多くなってしまったのです。(保護者の手がまわりきらなかったのです)

一番多いときには3~40人は居たでしょうか?かなり選手層の厚い(笑)チームです。レギュラー と二番手、その他ちょろちょろ入れても、メインの練習は20人が関の山。その他の子供たち(年 少組)は「見て学ぶ」ことが多くなりました。

はじめはポジションの名前から。「あれはショート」「こっちはサード」など、座学に近いよう な内容でした。今のような冬の時期に、小学校に入ったばっかりの子供たちには、なんと酷なこ とだと今になると思います。(当時も寒かった記憶しかないですが)

さて、「見て学ぶ」は正しかったのか?についてですが、結論を言えば「(低学年の子供には) 正しくなかった(のかもしれないごにょごにょ)」と思います。ただ、当時の現実問題を考えれ ば「とても正しかった」のだと思います。(あぁ、わかりにくい文章だ)

「見て学ぶ」ことができるのは、ある程度プレーをしたことがある人、特定のプレーにハテナを 抱きつつある人にはとても有効です。ある場面、なぜあの人は、この動きをしたのか?今の私の ように、半分引退したような者には、見る全てのプレーに自分を重ね合わせて、イメージトレー ニングかつ頭脳のトレーニングになるので、見ているだけでも上手くなった気になります。(笑 )

ただ、プレーもしたことないのに、見たってそれほど得るものもないのです。料理がまったくで きない私が料理本を見たときのように「うまそうやなぁ」「ハラへったなぁ」くらいのものしか 得られません。これが、ある程度料理できる人なら「ここで醤油!?」とか「あぁ!煮るんや! 」とか「なんで、切り目?」とか発見したり、ツッコんだりしながら、得るものも多いのです。

現実問題、あの当時、指導できる保護者がいなかったのと、子供のいきなりボールを持たせるの は危ないということで、約2年間は座学に近い「見て学ぶ」期間がありました。

今の世なら「うちの子にボールを握らせないとはけしからん!」というワガママな親とか「ボー ル触れないならや~めた」という賢い子供がいるので、みんな平等にプレーせざるおえないので しょうが。(というか人数も集まらないのが現実なのでしょうね)

まぁ、のんびりした時代でしたよ。


コメント

プロフィール

HN:
ニコ
性別:
男性
職業:
遅れてきた新人♪
趣味:
ソフトボール☆
自己紹介:
打率1割、出塁率5割のニコといいます♪ ソフトボールのことを日記にしようと思います。ソフトボール好きの方々おこしやす♪
プロフィールの詳細は
ニコの自己紹介
からお越しください☆

質問などありましたらsoftballparadise@gmail.com までお気軽にどうぞ☆

ブログ内検索

最新コメント

[11/14 bump]
[11/03 ぼー]
[10/04 siroki]
[12/14 金銀]
[12/09 NONAME]
[08/21 NONAME]
[04/28 にゃ]
[07/25 ガチュ]
[03/27 ニコ]
[03/23 ふうか⚾]

フリーエリア

にほんブログ村 野球ブログ ソフトボールへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

アクセス解析

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...