忍者ブログ

ソフトボールパラダイス☆

ソフトボールの守備・攻撃の戦術を紹介します♪

フックスライディングは認めません!



走塁大好きな僕ですが、最近どうも疑問が湧いてきました。
それは……











フックスライディングってどうなん??」












ということです。
もっと、率直にいえば、フックスライディングいらんやろ。
ってことです。



フックスライディングの利点はタッチをかいくぐることにあるらしいです。
そこらへんの意味がよくわかりません。



だって、野手は別に体にタッチしにいくわけじゃないんだもの。
足にタッチするんだもん。もっといえば、ベース前にグローブは
置いておいて、ランナーが来るのを待つもんじゃないんですかい??



いくら体がタッチされなくても、体のどこかがベースに触れないといかん
わけだから、ベース手前にグローブを置かれたら終わりなわけです。



それなら、最速でベースに到達するために、直線的なスライディングを
するのが普通なんじゃないでしょうか。



事実、プロ野球を見ていてもフックスライディングを見たことがないのは
僕だけでしょうか?
プロがしないってことは、役に立たないということでしょう。



スライディングを調べていると、最後の方にフックスライディングについて
書かれてあることがありますが、書いてる人は実際に見たことがあるんでしょう
かねぇ。。。



フックスライディングをこき下ろしたのは、昔やって、アバラをやられた恨みです(笑)

次>インナーマッスル♪
前>ソフトボールの基礎!


コメント

1. 無題

ベースに最短距離にというと、真っ直ぐスライディングが1番かと思います。
しかし、本塁突入時などで、野手の送球がそれた場合はそうとも言えない状況になります。
例えば、送球が三塁方向に少しそれたとします。タイミングはもちろんギリギリを想定します。走者が真っ直ぐスライディングをすると、走者の足が本塁に到達する前に、上半身にタッチされる場合があります。特に足は地面ギリギリの高さですが、スライディング時の上半身はそれより高い位置にありますのでタッチされやすいです。よって、そのタッチをさけるため、フックもしくはヘッドスライディングの必要性があると思っています。一塁方向にそれたり、ジャストの返球の場合は真っ直ぐスライディングが1番なのはもちろんです。

2. 無題

フックスライディングは追いタッチ(自分と反対側に送球が逸れる)時に間違いなく効果のあるスライディングです。

プロフィール

HN:
ニコ
性別:
男性
職業:
遅れてきた新人♪
趣味:
ソフトボール☆
自己紹介:
打率1割、出塁率5割のニコといいます♪ ソフトボールのことを日記にしようと思います。ソフトボール好きの方々おこしやす♪
プロフィールの詳細は
ニコの自己紹介
からお越しください☆

質問などありましたらsoftballparadise@gmail.com までお気軽にどうぞ☆

ブログ内検索

最新コメント

[11/03 ぼー]
[10/04 siroki]
[12/14 金銀]
[12/09 NONAME]
[08/21 NONAME]
[04/28 にゃ]
[07/25 ガチュ]
[03/27 ニコ]
[03/23 ふうか⚾]
[10/15 らずべりー]

フリーエリア

にほんブログ村 野球ブログ ソフトボールへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

アクセス解析

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...