忍者ブログ

ソフトボールパラダイス☆

ソフトボールの守備・攻撃の戦術を紹介します♪

ランニングスローについて

ランニングスロー。内野手の憧れのプレーですね♪




ショートがピッチャーの頭を超えるくらいの高いバウンドをランニングスロー。サードがボテボテの打球を軽快にランニングスロー。セカンドが前進して、アクロバティックにランニングスロー。







しぶいっ!!



シブすぎるっ!!






見ている側にとっても「おおっ!!」っとなるプレーなので大好きです♪



ただ、どうしてもスローがシュートしてしまうのが悩みでした。図でいうと、ピンクの球筋です。(棒人間は一塁手です)




キャッチする方は捕りにくいですし、ランナーと当たりそうで危ないです。なんとかしたいなぁ……と思っていたら。。。



吉村 正『うまくなるソフトボール 守備編』
またまた登場です。。。



ランニングスローについては「腰を十分捻って行う」のがコツのようです。「右足を軸にして左肩を回し、腰を十分捻って一、二塁間方向へ投げるつもりで送球すること……」



よくわかんないですが、「一、二塁間方向」の所だけはなんとなく感じるところがあります。(本当に一、二塁間に投げたら爆笑だな)図の青いラインの球筋になるよう、練習したいものです。

次>マンガにありそうなタッチアップ
前>ソフトボールの本


コメント

1. 無題

シュートしてしまうとのことですが、キャッチボールの際にサイド・アンダースローで塁間くらいを投げみてください。その球がシュートするならば、ランニングスローもだいたいシュートします。
サイド・アンダースローで真っ直ぐ投げれれば、ランニングスローでも真っ直ぐになってきます。動きながら投げてますので取るほうはシュートして見えやすいですけどね。
サイド・アンダースローで真っ直ぐ投げるにはリリースの際、手のひらは若干上をむいて、ボールの回転はジャイロ回転のようになります。

2. コリオリの力

ショートの送球は多分、前進しながら左方向に一塁に向かって投げるのでしょう。
止まって投げるのと違って、前進なので反時計回転する円板上に働くコリオリ力に似て、
送球は右にずれシュートするはずです。
ずれの角度は前進速度に比例し、前進方向と送球方向の角度にも関係するでしょう。

プロフィール

HN:
ニコ
性別:
男性
職業:
遅れてきた新人♪
趣味:
ソフトボール☆
自己紹介:
打率1割、出塁率5割のニコといいます♪ ソフトボールのことを日記にしようと思います。ソフトボール好きの方々おこしやす♪
プロフィールの詳細は
ニコの自己紹介
からお越しください☆

質問などありましたらsoftballparadise@gmail.com までお気軽にどうぞ☆

ブログ内検索

最新コメント

[11/03 ぼー]
[10/04 siroki]
[12/14 金銀]
[12/09 NONAME]
[08/21 NONAME]
[04/28 にゃ]
[07/25 ガチュ]
[03/27 ニコ]
[03/23 ふうか⚾]
[10/15 らずべりー]

フリーエリア

にほんブログ村 野球ブログ ソフトボールへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

アクセス解析

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...