忍者ブログ

ソフトボールパラダイス☆

ソフトボールの守備・攻撃の戦術を紹介します♪

守備範囲と住み分け


ソフトボールと野球の大きな違い。それは守備範囲がかぶって
しまうことだろう。特に、三遊間、二遊間(センター前のボール)
が挙げられる。もっといえば、ショートの守備範囲が広いのだ。



ボールを捕れるけど、捕ってはいけない、ということも起こる。
例えば三遊間のボールでは、サードが無理して捕るより、ショート
に任せた方がアウトになる確率が高くなる場合がある。サードが
無理をすることで、ボールをはじいたり、悪送球になる場合だ。
こんな場合はショートに任せた方が安心だ。



二遊間のボールはピッチャーが絡んでくる。ピッチャーが無理して
捕ろうとしてはじく。結果セーフになるなんてことは、よくある
ことだ。こういう場合も無理せずショートに任せるのが良いだろう。




だが、現実問題として、そんなことができるのだろうか?サード
が勝手にショートに任せると判断して、実はショートが球に追い
つかなかったり、ピッチャーが無理せずセンター前ヒットなんて
野球人として恥ずべきことだ。自分の捕れる球はなんとしても捕る。
これが野球人の誇りであり、守備範囲の広さは野手のステータスと
なる。


急な話だが、僕は野球は確率のスポーツだと思っている。
野手ならば、少しでもアウトにできる確率を高めるように模索すべき
だと思う。ショートに任せた方が良いのか、それとも無理をしたほう
が良いのか?各チーム事情もあって様々だろうが、一度自分のプレー
を思い返して、適切な守備の住む分けをするのも良いかもしれない。




最近、ショートに任せることが多くなりました(笑)

次>グローブの手入れ
前>偉大なる大エース登場!


コメント

プロフィール

HN:
ニコ
性別:
男性
職業:
遅れてきた新人♪
趣味:
ソフトボール☆
自己紹介:
打率1割、出塁率5割のニコといいます♪ ソフトボールのことを日記にしようと思います。ソフトボール好きの方々おこしやす♪
プロフィールの詳細は
ニコの自己紹介
からお越しください☆

質問などありましたらsoftballparadise@gmail.com までお気軽にどうぞ☆

ブログ内検索

最新コメント

[11/14 bump]
[11/03 ぼー]
[10/04 siroki]
[12/14 金銀]
[12/09 NONAME]
[08/21 NONAME]
[04/28 にゃ]
[07/25 ガチュ]
[03/27 ニコ]
[03/23 ふうか⚾]

フリーエリア

にほんブログ村 野球ブログ ソフトボールへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

アクセス解析

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...