忍者ブログ

ソフトボールパラダイス☆

ソフトボールの守備・攻撃の戦術を紹介します♪

エラーしたときの対応


野手がエラーをするなんてことは多々あることだ。
プロ野球でさえ、スコアボードにE3(エラー三つ)と表示されて
ることも珍しくない。前回、野手のエラーの痛さについてお話したが
、今度はその対応策についてお話したいと思う。



エラーしたときの対応あれこれをパーセンテージで表してみよう。

・グローブを見て首をかしげる86%
・エラーのリプレイをしてみる90%
・下を向く30%
・上を向く3%
・やたら大きい声を出す12%


僕の勝手な思い込みパーセンテージだが、そう間違っていないと思う。



さて、エラーしたときグローブのせいだったことが、はたしてあったの
だろうか…僕の記憶する限りない。断じてない!なのに何故グローブ
を見てしまうのか。責任をグローブになすりつけているのだろうか?
それで気分が良くなるならまだしも、まったく意味のない行動では
ないのだろうか。



エラーのリプレイをする。実際に体を動かしてみたり、頭の中で
想像することを意味するのだが、これもやめた方がいいだろう。
エラーとは日頃できてるプレーを失敗することエラーというので
あって、体を動かさずとも体に染みついているのだから、わざわざ
確認することもない(体をほぐすためなら可だが、その前に体をほぐ
してから試合に臨みましょう)
頭の中で想像しても、結局は落ち込むだけではないのか?それなら
反省しない方がチームにとってまだいい。



下を向くなんてもってのほか!周りの野手にも影響しかねないし
相手チームが調子にのる。下を向きながら頭でエラーをリプレイして
グローブをなでまわす。最もやってはいけない行動だが、やってしまう
行動である。気を付けたい。



とにかく言いたいのは、エラーすることがいけないのではなくて
気持ちがヘコむことがダメなのだということだ。確かにエラー
痛い。ランナーは溜まるし、失点にも結び付きやすい。だからと
いって、落ち込んでしまえば、エラーを誘発する確率も高くなるし
チームの士気は落ちるし、ともすれば攻撃にも影響がでるし、いいこと
なんて何一つもない。


はっきりいって、エラーを気にしてるのはアナタ一人ではないので
しょうか。はっきり言おう。あなただけだ。チームのみんなは、次の
ことを考えている。そんな中、一人で落ち込んでいるのは、楽しくない。
みんな次のプレーでは見事にアウトを取ることを信じている。
そして、アウトを取った時、みんなは自分がアウトを取った以上に
喜んでくれるだろう。よくやった!と。そのみんなの気持ちに応え
るためにも、爽やかにアウトカウントでも叫んで、がっちりいこうぜ!
なんて声を掛け合って、たまに、お前ががっちりしろっ!!なんて
ツッコミをうけて気分を高揚させたままプレーをするのが一番だ。



結果、エラーの影響を最小限に食い止めることができるだろう。
エラーをしてもヘコまない。誰かがエラーをしたら、気分を乗せて
あげる。当り前のことかもしれないが、もう一度初心に戻ってプレー
してみると、ソフトボールの奥深さを再認識できるかもしれない。



エラーしたときはみんなが助けてくれます♪

次>盗塁、盲点をつく
前>点の取り方、取られ方


コメント

プロフィール

HN:
ニコ
性別:
男性
職業:
遅れてきた新人♪
趣味:
ソフトボール☆
自己紹介:
打率1割、出塁率5割のニコといいます♪ ソフトボールのことを日記にしようと思います。ソフトボール好きの方々おこしやす♪
プロフィールの詳細は
ニコの自己紹介
からお越しください☆

質問などありましたらsoftballparadise@gmail.com までお気軽にどうぞ☆

ブログ内検索

最新コメント

[11/14 bump]
[11/03 ぼー]
[10/04 siroki]
[12/14 金銀]
[12/09 NONAME]
[08/21 NONAME]
[04/28 にゃ]
[07/25 ガチュ]
[03/27 ニコ]
[03/23 ふうか⚾]

フリーエリア

にほんブログ村 野球ブログ ソフトボールへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

アクセス解析

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...