忍者ブログ

ソフトボールパラダイス☆

ソフトボールの守備・攻撃の戦術を紹介します♪

盗塁、盲点をつく


先日の試合のことでした。相手は剛速球ピッチャーと強肩
キャッチャーでした。足に自信のある僕も、盗塁はちょっとムリ
かなと諦めかけていたところ…余裕で盗塁に成功したチームメート
がいました。



不思議なことに、本当に余裕の成功だったのです。正確にいえば
キャッチャーのスローのタイミングが明らかに遅かったのです。
確かに得点差が開いていましたが、ランナー一塁での盗塁
キャッチャーが反応しないわけはありません。これが、試合後の
不思議としてカツメシを食べながら話題となりました(試合に負けた
のにカツメシ(笑))



色んな仮説がでました。キャッチャーが油断してた、キャッチャー
にやる気がなかった、だの、やたらキャッチャー非難のものが多かった
のですが、僕はその時の打者に注目していました。
その時の打者は、身長190センチに近い大柄の左バッターだったのです。



僕は、その試合でキャッチャーをしていたので特に感じたのですが
左バッターの時って、一塁ランナーが見にくいんですよね。
おそらくは、相手方のキャッチャーもランナーのスタートが見えなくて
送球が遅れたのだろうという趣旨の発言をしました。

もちろん、オジサマ方はビールの方に夢中でしたが(笑)



ここで一つの戦術が生み出されるわけです。



「二盗は左バッターがキャッチャーの視界を遮ること」



ジミですが、体験上からいっても有効な戦術であるといえます。
(もう、やってたりしますか??)



逆に、野手は盗塁されたらキャッチャーに声をかけてあげることで
送球の遅れを軽減させてあげることができるでしょう。



ランナーはそれを見越して、投球ごとに盗塁のスタートをして
野手の声を混乱させるのがよいでしょう。



キャッチャーは、おそらく盗塁警戒モードで浮足立ってくると
思います。



バッターは見逃さず、キャッチャーが二塁に投げやすい方
(バッターの外角のボール)の直球(高め?)を狙って
みましょう。



野手は……キリがありませんね♪(笑)




ソフトボールってホント奥が深いですね♪

次>名器、カタリスト
前>エラーしたときの対応


コメント

プロフィール

HN:
ニコ
性別:
男性
職業:
遅れてきた新人♪
趣味:
ソフトボール☆
自己紹介:
打率1割、出塁率5割のニコといいます♪ ソフトボールのことを日記にしようと思います。ソフトボール好きの方々おこしやす♪
プロフィールの詳細は
ニコの自己紹介
からお越しください☆

質問などありましたらsoftballparadise@gmail.com までお気軽にどうぞ☆

ブログ内検索

最新コメント

[11/14 bump]
[11/03 ぼー]
[10/04 siroki]
[12/14 金銀]
[12/09 NONAME]
[08/21 NONAME]
[04/28 にゃ]
[07/25 ガチュ]
[03/27 ニコ]
[03/23 ふうか⚾]

フリーエリア

にほんブログ村 野球ブログ ソフトボールへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

アクセス解析

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...