忍者ブログ

ソフトボールパラダイス☆

ソフトボールの守備・攻撃の戦術を紹介します♪

バッティング~ソフトボール打撃研究~



さてさて、今回はソフトボールの選手の打撃を見てみましょう。
参考にさせてもらったのはコチラ。。。


ソフトボール打撃研究


内容は、四人のソフトボール選手の打撃を超高速カメラ(スロー
モーション)で撮影したものです。
四人の選手は、大阪ツヅキグローバルから、デイビット選手
西田選手・石村選手。そして、ホンダエンジニアリングから
浜口選手が登場します。
スイングの特徴から、長距離打者タイプ「デイビット選手・浜口選手」
中距離打者タイプ「西田選手」、短距離打者タイプ「石村選手」
と便宜上分けておきましょう。



まず目についたのは、四人に共通する「バットの振り始めのスキ
のなさ
」ですね。バックスイングが小さいです。構えた位置から
スムーズにバットが出ています。これなら速球にも遅れずに対応
できますね。。



一般に、ヒット狙いのバッターは「バックスイングを小さく」
ホームランバッターは「バックスイングを大きく」なんて言われて
いる(僕も映像を見る前まで思っていました)みたいですが映像を
見る限りでは、そうではないようです。むしろ「前のスイングが
大きいか小さいか
」が打者の性質を分けるようです。



デイビット選手や浜口選手は映像で見ても、体が大きいですね。
腕も長いです。このパワーとリーチの長さを活かした大きい
スイング。これが、長距離打者の特徴といえるでしょう。



今回、一番良いと思ったのが西田選手のスイングです。みるからに
安定感のある構えですね。力が凝縮されている構えです。映像を
見ても、お尻と太ももの大きさが分かると思います。下半身が
強いんですね。
そして、スイングもいいですね。。強い打球がでる、トンカチで
叩くような打ち方です。さぞかし、速い打球がでることでしょう。
アウトコースの球なので、巧いこと流し打ちになっていますが
あのボールがインコースにきたらホームランを打つでしょうね。
あの高さの球は得意と見受けられます。



最後に石村選手。個人的に似ているスイングなので親近感が
湧くんですが(笑)
もうちょっと低い球を打ってほしかったですね。ちょっと
ボールが高くて参考にならねぇ。。。スイング的に膝元の
球を転がすタイプだと勝手に思ってるんですが…



繰り返しになりますが、長距離打者であれ、短距離打者であれ
バックスイングはそんなに必要でないということがわかりました。
むしろ、自分の特徴に合ったスイングをすることが大切なんだと
映像をみて感じられましたね♪


追記:西田選手はスラップ打者(簡単にいうとセーフティバントの
ヒッティング版)。デイビット選手は身長172㎝。
俺はウソつきか(笑)ごめんなさい




それでもホームラン打ちたいんですっ!

次>ホームランの打ち方
前>サードの守備


コメント

1. ニコさん コメントありがとうございます。

ブログ記載のものは、すべて自分自身で確かめてからのものです。
この打法は、基本的には野球もソフトも同じ打ち方ですので、お確かめいただけましたらうれしいです。
尚、相互リンクさせていただきました。

プロフィール

HN:
ニコ
性別:
男性
職業:
遅れてきた新人♪
趣味:
ソフトボール☆
自己紹介:
打率1割、出塁率5割のニコといいます♪ ソフトボールのことを日記にしようと思います。ソフトボール好きの方々おこしやす♪
プロフィールの詳細は
ニコの自己紹介
からお越しください☆

質問などありましたらsoftballparadise@gmail.com までお気軽にどうぞ☆

ブログ内検索

最新コメント

[11/03 ぼー]
[10/04 siroki]
[12/14 金銀]
[12/09 NONAME]
[08/21 NONAME]
[04/28 にゃ]
[07/25 ガチュ]
[03/27 ニコ]
[03/23 ふうか⚾]
[10/15 らずべりー]

フリーエリア

にほんブログ村 野球ブログ ソフトボールへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

アクセス解析

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...