忍者ブログ

ソフトボールパラダイス☆

ソフトボールの守備・攻撃の戦術を紹介します♪

イップス治療の個人的感想



今回は、イップスの治療について個人的な感想を述べさせて
いただきます。少々、批判がましくなることもあると思いますが
決して、悪意ではありません。あくまで個人的な感想です。
僕が批判した(するであろう)方法で、イップスを克服された方も
いらっしゃると思います。その方々には本当に申し訳なく思います。
ごめんなさい。
今回は、治療法を参考にしたサイトの参照は控えさせていただきたい
と思います。お許し願いたく存じ上げます。 




最高の結果を求めたり、深刻に考えず、
アバウトな気持でプレーをする
 



趣味でされる方はいざ知らず、高校生や中学生の方にそういうのは
酷であると思います。試合で最高の能力を発揮したい願望を抑える
ことは難しいでしょう。アバウトな気持ちでプレーする(深刻に
考えない)ことができる人なら、そもそもイップスになっていないん
です。野球人にめずらしく(?)繊細な、デリケートな人がなるん
です。そのような人たちに「いいかげんでいいんだよ」というのも
ちょっと難しいのでは、と感じます。 




頭と体に正しいフォームを覚えさせる必要があると思います。
 基礎のフォームを見直し、肩と腕の力を抜き、リリースポイントを
 一定にする。そして、シャドウピッチング→ネットなどへの投球→気心
 の知れた相手への投球、とステップを踏んで行く方がよいと思います。
 




いいんじゃないでしょうか♪特に、気心が知れた相手への送球
というあたり(笑)おそらく体験者の方なのでしょう。
野球に慣れている人ほど、キャッチボールは塁間か遠投かに終始
してしまいます。イップスの方は力の微調整が難しいので、10メートル
くらいの距離のキャッチボールを重視するとよいかもしれません。
最初は、腕を振る程度から、徐々に力をこめて。イップスは苦手な
人に投げるときにもでますので、気心の知れた人と二人三脚でやって
いきましょう。
個人的には、ピッチャーでない人もピッチングをすると良いと思います。
全力で数十球投げた後は筋肉もほぐれ、肩の可動域も広くなっている
ように感じるでしょう(ムチがしなる感覚)。こうなれば、自然と
力を抜いてもいいボールがでるので、無理に力の調整を考えることは
ありません。要は、キャッチボールをおろそかにしない、ということ
ですね。 



球筋をより多く経験して投球イメージを植えつけること

植えつけても、実際うまく投げられないから困ってるんです… 




・「イップスでさ、変なところへ行っちゃうんだ」と伝えておいたり
すると気が楽になり不思議と治ったりします。

こういうことが言える人=気心が知れた人ですね。その人と
二人三脚でイップスを克服していきましょう。 



やはり、気心が知れた人が一人でもいると気が楽ですね。
チーム全体がイップスについて理解を示してくれたら最高
です。そういうチームならイップスにはならないでしょう
けど♪
一人で悩まないでくださいね。イップスは誰にでも起こる
ものですから。僕の体験が少しでもあなたの役にたてれば
うれしく思います。 




あなたがより良い野球人生を送れますように♪

次>守備位置を考える
前>ニコのイップス解消法


コメント

プロフィール

HN:
ニコ
性別:
男性
職業:
遅れてきた新人♪
趣味:
ソフトボール☆
自己紹介:
打率1割、出塁率5割のニコといいます♪ ソフトボールのことを日記にしようと思います。ソフトボール好きの方々おこしやす♪
プロフィールの詳細は
ニコの自己紹介
からお越しください☆

質問などありましたらsoftballparadise@gmail.com までお気軽にどうぞ☆

ブログ内検索

最新コメント

[11/03 ぼー]
[10/04 siroki]
[12/14 金銀]
[12/09 NONAME]
[08/21 NONAME]
[04/28 にゃ]
[07/25 ガチュ]
[03/27 ニコ]
[03/23 ふうか⚾]
[10/15 らずべりー]

フリーエリア

にほんブログ村 野球ブログ ソフトボールへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

アクセス解析

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...