忍者ブログ

ソフトボールパラダイス☆

ソフトボールの守備・攻撃の戦術を紹介します♪

チェンジアップの使い方

さて、今回は変化球のチェンジアップについてお話しましょう。




スピード変化系という使い勝手がよく重宝する球種ですがイマイチ使い方がよろしくない場面が見られます。自分の持っているチェンジアップは「三振をとる球」なのか「打たせて取る球」なのかを考える必要があります。



「投げる瞬間に力を抜いた球」いわばスローボールなんですがこれもチェンジアップに含めた場合、この球で三振を取ろうとするのは間違っています。




えてして、この球はアナタの直球より相当に遅いハズです。人間、不思議なもので「速い球に狙いを絞っていても、遅すぎる球にはバットには当たる」ものです。つまりはスローボール・チェンジアップは打たせて取るボールです。



わざわざ2ストライクを取った後に投げる場面が多々見られますが、打たせてとるならば、1ストライク・0ストライクで投げさせて、投球数を減らすことを狙うべきです。これから暑くなりますし、体力の消耗を防ぐにも有効です。




スローボール・チェンジアップは剛速球ピッチャーにオススメです。相手打者が直球を打つのを諦めてしまうくらいの直球を投げるピッチャーであれば、早々に投げて打ち損じてもらうのが有効です。剛速球といえども、3球、イチ・ニの・サン!で振れば当たるものです。それならば、剛速球を匂わせ、相手打者の体を硬直させたところにスローボール・チェンジアップを投げれば、まぁ、打ち損じてくれる可能性が大です。。。




本格的なチェンジアップを投げられる人は「三振を狙う」ことができます。僕はピッチャーの経験が少ないので投げられませんが、直球より少し遅い程度のチェンジアップです。




これの素晴らしいところは、「直球を待っている→チェンジアップがきた!→スローボールに対応→打つ」という流れの「スローボールに対応」あたりのところでミットに収まることです。いわば「心のスキマを狙った球」といえます。




「直球を待っているスイング」をすれば、空振りをしますし「スローボール対応スイング」をすれば、意識をチェンジする前にミットに収まり見逃しをします。とても恐ろしい変化球です。



本格的なチェンジアップの習得は難しいかもしれませんが投球の幅が広がるので、ぜひともトライしてみてください♪スローボール・チェンジアップはすぐに習得できるので「打ち取る」ことを目的に投げてみてください☆




いかにエースの球数を減らすか日々悩んでます(笑)
(ちなみにエースの変化球はスローボール・チェンジアップだけ)

次>ケガの対処
前>WBC イチロー中心主義の疑問


コメント

プロフィール

HN:
ニコ
性別:
男性
職業:
遅れてきた新人♪
趣味:
ソフトボール☆
自己紹介:
打率1割、出塁率5割のニコといいます♪ ソフトボールのことを日記にしようと思います。ソフトボール好きの方々おこしやす♪
プロフィールの詳細は
ニコの自己紹介
からお越しください☆

質問などありましたらsoftballparadise@gmail.com までお気軽にどうぞ☆

ブログ内検索

最新コメント

[11/03 ぼー]
[10/04 siroki]
[12/14 金銀]
[12/09 NONAME]
[08/21 NONAME]
[04/28 にゃ]
[07/25 ガチュ]
[03/27 ニコ]
[03/23 ふうか⚾]
[10/15 らずべりー]

フリーエリア

にほんブログ村 野球ブログ ソフトボールへ Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

アクセス解析

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...